怪散

  
『怪散』 = あの 怪しい人たちが 散っていった

阿呆裸苦(アホラック)の群れが 散っていった

何が そんなに うれしいのだろう

同じ方向を向いて 一斉に バンザイをしている 異様な光景

しかも 前代未聞の フライング までして

3連休に ふるさとに 帰れるのが そんなに うれしいのだろうか

大昔 ふるさとの大勢の人々から バンザイで見送られ 散っていった

若者たちがいたね

ある人は 熱帯のジャングルの中で
ある人は 終わってから待ち受けていた 極寒の地で
ある人は 空の上で 粉々に
ある人は 深い深い 海の底に
ある人は 銃で 爆弾で 火炎放射器で
ある人は 感染症で 放射能で
ある人は 。。。。。
ある人は 。。。。。
ある人は ある人は ある人は 。。。。。。。。。。 で

散っていったね

集団バンザイ を 見ると どうしても リンクしちゃうんだよね 。。
悲しい 。。 悔しい 。。  無念 。。 なんだよね


今回 散っていった アホラックの群れ
『晋』 を 問われた アホラックたち   ? 字 違ったか ?
何匹 帰ってこれるのだろう

まあ 帰ってこられなくても
それでも いいよね ふるさとには 帰れたんだからね


アホラックの 今回の旅行費用は 誰が持つんだろうね  酷民 か ???
帰ってきた アホラックの えさ代も 酷民 が 持つのか ???
猟集証 作りが 大変だね ???


それにしても 残念であった
せっかく 『浪費税』 を 上げられる またとないチャンスだったのに

目先の利益しか見えない 平和ボケした 臆病な国民
そのくせ 無駄な浪費を繰り返す 無知さ
平和ボケした この国の 国民の 目を覚まさせるには ショック療法しかないのである
浪費税』 増税は 絶対必要なんだ

数の力がある 今回こそが もう 2度と訪れるでないであろう チャンスだったのに


『所得の再分配』 『累進課税』 の 意義 価値 を どうして この国の国民は
評価できないのであろうか

清掃の道具に いつもされる 増税反対 の 魔力
これこそが 今の この国の 最大の病理 なのだ

また 字 ちがったか 。。
いいっか この字で

国民の意識に 忌まわしく 染みついてる 臆病な汚れ を 掃除するには 掃除道具が必要だもんね


『不断の努力で 掃除し続けること』 が 大切なんだ


『青春は掃除である』



追記

また ブログ 乗っ取られたちゃったよ

いっておきますが この文章は 私が書いたものでは ありませんよ

こんな 国民を 敵に回すような 過激な 文章は 私は 書いていません
私には 一切 記憶に ございません

私は 臆病で いつも 周りが気になって 人の目が気になって 
みんなが なびく方に いつも ついて行っているんですよ

*** ですから 。。。。。





枯山水の庭 に 王蟲(オーム)のような 不思議な花 を見つけた
この花 も 脱皮を繰り返すのだろうか 。。。。。。。。。。。。。。。。


PB210129.jpg






























              














       







  
[ 2014/11/26 15:30 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)