FC2ブログ






「無念の天井」の 高い家って いいわね



         
PC130088.jpg





      天井の高い家って いいわね


そうだな

(サイレントボイス)

   俺は 本当は 天井が低くて 狭くて暗い場所が すきなんだ



      
      天井の高い家って いいわね

      (サイレントボイス)

         うそつき 
         私は 知っている
         あなたは 本当は
         天井が低くて 狭くて暗い場所が すきなことを



      2階も 天井を高くして 本当に よかったわね 






PC130117.jpg





そうだな       

(サイレントボイス)

   なんと 2階までも 天井の高い家にするなんて
   それに なんか 薄気味悪い 部屋だな
   せめて 2階だけは 狭くて 天井が低い
   狭い 狭い 暗ーい 落ち着ける部屋にして欲しかったな
   でも やっぱり 言えない




      2階も 天井を高くして よかったわね
      何か 言いたいの
      

      (サイレントボイス)

         私は あなたの こころの声を 知っている

         だから
         言わせない 絶対に 言わせるもんか 

         ふふふっ



いや なにも

(サイレントボイス)

   俺のとは 違うな
   まだまだ 根こそぎ拾えていないな
   しかし よく がんばった とは 思うけどね




      やっぱり なにか 言いたそうね
 
      (サイレントボイス)

         言わせない 絶対に 言わせるもんか 

         ふん

         狭くて 天井が低くて 暗ーい 地下室が つくりたい

         なんて 

         言わせない 絶対に 言わせるもんか 

         ふん





べつに なにも








       あんた だれと しゃべっているの
       こいつは もののけ よ
       言いたいことがあるなら
       はっきりと バシッと 言って やりなさいよ




あんた か
元気にしていたのかな
あんたは あれについて
どう 思ったのかな



       あんた こそ
       どう 思ったのよ




俺のとは 違うな
大切な期間が 抜け落ちているし
聞き込みに 訪れなければ ならない場所 ならない人
への 聞き込みが なされて いないしね

しかし まだ 現状では それは 難しいんだろうね

あれは 活字に残されたものから 構成された感は ぬぐえないし 
目新しい もの 目新しい こと は ほとんど なかったしね

それに あの くさい 再現映像は いらなかったね 



まだまだ あんたを 根こそぎ拾えて いないよな

しかし まあ 数々の制約のある中 よく がんばった とは 思うけどね

あれは あれで 
あんたの 『虚像』 の ひとつとして 記憶の片隅には とどめて おこうかな



あんたの 『無念』 に ついては 

あんたの 『無念』 だけ ではなく
あんたに 関わりのあった人々の 『無念』 も 晴らさなければ
本当に あんたの 『無念』 を 晴らすことには ならないよね
俺は そう 思っているよ


あえて 点数化(てんすうか)すると

スカボローフェア の 景色 かな

時の魔法使い の 部屋 でも あるかな







PC130371.jpg



12月13日の あんた

今日は 風は 冷たかったけど ほとんど雲のない 快晴の天気だったよ

だから 遠くから あんたがよく見えたよ

相変わらず 顔がないじゃ ないのよ





       また 私に 会いに来たの
       ひょとしたら あんた 私に 気があるの
       でも こんな 私でよかったら 命預けます とは 言わないわよ

       早く 私の顔(無念)を 描いてよ
       言っておく けどね

       「無念の天井」 の高い家に だけは 私は 住みたくないからね

       今回の この歌も 解釈の難しい 恐ろしく 奥の 深い歌 よね     
       私は 時の魔法使い じゃあないわよ

       あんたは この少女の唄の中に 私の なにを
       見つけたのよ

       すかぼろー市場に たたずむ 幼いころの私かしら












PC130134.jpg
           
 






PC130091.jpg
           
 






PC130426.jpg





 一人ぼっちの旅に出た

 風が向こうで騒ぐから 大きな声で叫んでも

 陽がキラキラと光ってた
 
 古い時計を手に持って 誰も来ない道を 歩くどこまでも








































          
 
スポンサーサイト



[ 2018/12/15 23:00 ] あの人を偲んで | TB(-) | CM(-)