あ*****で その **  夏の名残の ダンシングドール

        

夏の名残の ダンシングドール  無邪気に 踊ってみせた ダンシングドール


P4230316.jpg





ダンシングオールナイト 「に」 舞った ダンシングドール

ダンシングオールナイト 「を」 待った ダンシングドール



あのアルバムの レコード版は 

あの人が 同志=同士だった あの人に捧げた ? アルバム

あの人に捧げた ? 「 I Will Always Love You 」 の アルバム

 

ダンシングドールは 

火酒を飲みながら 語り合ったことに なっている ?

あの人に 突きつけた ? 曲

あの人の 心を もてあそんだ ? あの人に 突きつけた ? 曲



だから あのアルバムの レコード版には 「ダンシング怒ー流」 は 収録されていない



ひっそりと ? カセット版の B面の 最後の曲の1曲前 に 収録された

A面では なく B面で なければ ならなかった 「し」

最後の曲(旅の終りに)の1曲前 でなければ ならなかった 「ん」 だろう 



離婚後も 名字を変えなかった あの人

その最後の 元ご主人は あの本の 出版を 心よく思わなかった ?

元ご主人の その 気持ち わかる気が するな

火酒を飲みながら 語り合ったあの人のことを 

その後の あの人が どう思っていたのかを 身近で

察することのできた 元ご主人が 心の妻 ? を 思いやって 

あの本の 出版を 心よく思わなかった

元ご主人の 気持ち わかる気が するな



それでも 

あの本が あの人の 第2印象として 一人歩きしている

誤ったイメージの 払拭に 少なからず果たした 働きを 

功績を 過小評価しては いけない気 『も』 するのである


勇気を持って ? 出版したくれた こと への 感謝の気持ち 『も』 忘れたくないのだ 。。




元ご主人の 気持ちも わかる 『し』

流星を ながめた あの人の 気持ち 『も』 わかるな



なんとも 優柔不断な 私である のだ 。。。。。






追記


もんちゃんの 「ダンシングオールナイト」 1980年4月

あの人の あのアルバムの レコード版 1981年11月

カセット版は いつかはわかりませんが 

レコード版よりは おそらく 後だろうと 思われます ?



もんちゃんの 「ダンシングオールナイト」 は 

小気味のよいリズムに乗って 

メロディーが 踊りながら 悲しく 流れ泳ぐ 名曲だ


もんちゃんの声は あの かすれた声は

のどの奥に ? 一度ぶつかって はじけ飛び出してくる ? 声だ


あの人(螢子さん)の のどの奥で 一度 引っかかってから 出てくる声 

とも 

ある面で 同じ 香里(かおり) ? の する声だ


きっと あの人は 「ダンシングオールナイト」 は 好きな曲 だった だろう ?


「ダンシングドール」 の歌は この もんちゃんの 「ダンシングオールナイト」 の

歌を 彷彿とさせる 歌だ




もんちゃんの 歌う あの人の 「**の女」 や 「*のブルース」

聴いてみたいな

この歌を 歌って カバーではなく 自分の歌として 歌えそうな人は

「もんちゃん」 と 「北国行きさん」 ぐらいしか 思い浮かばないのである


そして あの人(螢子さん)の歌う 「ダンシングオールナイト」 も 聴いてみたいな

西洋のカブトムシメドレーを 歌った あのメンバーで 

あの ノーベル賞 を 獲得した人の 奥さんを 上回る あのヘアースタイルで

歌ってくれたら 最高だよね   

母ちゃんは かっこいいんだ




なんと あの人も アナログバイオリンを エレクトリックバイオリンに持ちかえて

なんと あの人も アナログギターを エレキギターに持ちかえて

参加してくれたんだ 。。  最高だよね 

それでも そんなことは ありえないか 。。。。。。






それにしても


記憶のグラス ? が 出てくる 「ダンシングドール」 の 歌詞は

流星を 中途半端に 観測した あの人のことを 想起させる 

かなり 過激な歌詞 ? だね


この歌を


きらめき 輝き 踊る 弾む 歌声で 歌うなんて 

なんて 素照稀(すてき)な 宇多(うた) 田(だ)


この歌の 歌詞との会話には もう少し時間が かかりそうである

何か ふらめいたら また いつか 核(かく) かもしれません


おや また 字 間違っちゃっ照(て)るよ


私の パソコンの あの意地悪 日本語変換ソフトが 悪さを始めたようです


もう このあたりで 止めなさいという 「ブラックカード」 かも しれません



「記憶のグラス」 という この歌の あの人(螢子さん)の 

きらめき 輝き 踊る 弾む 歌声 に ついても

書きたいことが まだ たくさんあるんですけどね

また いつか ね 。。  

















































[ 2016/01/14 05:00 ] あの人を偲んで | TB(-) | CM(-)