『おんぶ』

     
P1270158.jpg



「おんぷ」 では ありません

「おんぶ」 です


「おんぶ」 なつかしい言葉

なつかしい言葉 に なって しまった 言葉 「おんぶ」 


最近 子供を 「おんぶ」 している人を あまり  見かけなくなった

カンガルーのように 体の前に だっこ

いや ぶら下げている お母さんが 多い

なぜ だろう

人間は いつから 有袋類に なったんだ
 

今時の 育児思想から そうなったんだろう か ?

安全上の 問題か ? 

赤ちゃんとの コミニュケーションの 取りやすさ からだろうか ?


私は 赤ちゃんを 体の前に ぶら下げている

お母さんをみると なぜ か 悲しくなる

時には 腹が立つのだ



ある人の つぶやきサイトで

「おんぶ」 という 言葉を見つけた


その人は つぶやいていた


  「おんぶしながらの洗濯物」

  「ご機嫌になるし、家事も出来る」 



お母さんの背中は 大きくて 暖かいのだ

私は この年になっても 母の背中の ぬくもりの記憶は 残っている

母の背中は ぬくもり と 安心感 と やすらぎ の 世界なのだ



この人に 「おんぶ」 されて 

この人が 演奏する 「ゆりかごのうた」 を

背中で 聴けたら 最高だよね







追記


この人が 子供を 「おんぶ」 して 家事をする

この人から 「おんぶ」 という 言葉を 聞くとは 思わなかった

それゆえに なおさら うれしかったのだ


「こいつは なんと いい奴なんだろ」 と 私は 思った

言葉が 乱暴でしたね 訂正します


「この方は なんと やさしく すてきなんだろう」

「家事も 子育ても この方が 織りなす音色のようだ ね」

「おんぶ」 という言葉で こんなに うれしくて

こんなに 興奮する 私は やはり 異常 なんでしょうか 。。。。。



BGMは この人の 演奏する この曲

こんな曲を 「おんぶ」 されて 背中で聴いたら

どうなるのだろうか 激しく揺れるだろうね


「おんぶ」 された お子さんも 思わず


「母ちゃん最高」 って 大喜びだろう ね 。。 


この人は 「ママ」 ではなく 「おかあさん」 という言葉の方が

似合いそうだな




仕事と 家事 育児を 両立している おんぶ母ちゃんに なった 

「風のバイオリニスト」 最高

「おんぶ母ちゃん バイオリニスト」 最高 。。


















































        
[ 2016/03/22 10:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)