真夜の通り雨

   
月日巡り 木々は芽吹き   今 あなたに 聞きたいことが いっぱい
    
みどりのそよ風

若葉に 思わず 手を 伸ばしてしまった 。。。。。




人様の ブログや 掲示板 顔の本 いや 本の顔 か ? 

などには

絶対に コメント(楽書)を しては いけませんよと

あの人から きつく 言われているのに

字 違ったか 落書 かな 。。。 


何を 血迷ったか 過ちを 犯してしまったんですね

大抵は ポチしても 確認の 画面が出るのだけれど

ポチすると 即 投稿されてしまう サイトも

時々あるんですよね


コメントをしたいという 押さえきれない 気持ちに

襲われても いつもなら 

確認画面まで で 我慢して 思いとどまるんだけれど

今回は 一線を越えてしいました 失敗してしまいました


それでも そのコメントは 表示されなかったので

ほっとして 胸をなで下ろし よかったと 思っていたんですが


しばらくたったら なんと 見るのも恥ずかしい

私が投稿した 文章(楽書)が 表示されているでは ないですか


それを見た時

私は 目から火か出るほど 恥ずかしかった

防空壕が あったら 入りたい 気持ちでした

えっ また 間違ってるんですか


最近 目から火が出るという人が 増えているそうですが

目から では なく 正しい 表現は 顔から 火が出る

なんですか そうでしたか


私は 恥ずかしさ の あまり

目からは鼻血 鼻からはよだれ 口からは涙

顔全面から 噴き出した火は 髪の毛を 

ちりじりに焦がしてしまいました


こんな 訳のわからない コメントを 投稿してしまい

本当に ごめんなさい


4月5日 の 真夜の通り雨で ずぶ濡れに なったので

指が 滑ってしまった のか もしれません


ブルボンさんは 私にも 何者か わからない

謎の 神秘な 存在です


ごめんなさい ブルボン じゃあなかったですね

昔 野蛮人 じゃあない 南蛮人 と 呼ばれた人たちの

国の ひとつ で ある その国にある ある都市でしたね


ブルボンさんは 何号までいるんですか

ブルボン1号 2号 3号 。。。。。

数えてみたら 煩悩の数だけ ありそうですね


たんぽぽ 折って(織って 追って) 髪に(紙に 神に) **

今日 さすらいの 風の中の さすらい人さん


♪ 旅に疲れた あまり若くない ? ふたりに

♪ さすらい人の 子守唄を



湿潤性のある声 ?

昔 折り合いの悪かった母 ?

誰かに似た声 そうだ 母の声と似ている 似ていた ?

子供の頃 住んでいた ある国の ある都市の ある町 ?

母の葬儀には 出なかった ?

あの人の 内面に 鋭く 多面的に 深く 真摯に

結果として 真(魔 間)正面から 向き合った 膨大な文章

など など の条件から 


このブログの主さん は ある人だと 私は思った

正確には ひょっとしたら ある人じゃあ ないかと 思った


しかし 冷静に考えれば 

そんな条件に 一致する人は 星の数ほど いる

それこそ 煩悩の数 ほど いますよね


それなのに 軽はずみに コメントを 投稿してしまったこと

ご迷惑 不愉快な思いをさせたことが ズーっと気になっていました

消しゴムを持ってきて ディスプレイの文字を消そうとしたんですが

ダメでした


修正液を ぬちゃったら ディスプレイが使えなくなるし 困った 困った


とほほ 。。。




と いって その釈明の コメントを 再投稿すれば

さらに 恥の下塗りをする ことに なるし

また 間違ったか 中塗りだったか 

より 多くの ご迷惑と より 大きな不愉快な思い を させてしまうと

思うと 追加コメントには 踏み切れませんでした


しかし 血迷ったコメントを書き ご返事の コメントまで

いただいているのに 知らん顔 を するのも 失礼かと

思いましたので 追加の コメント ? を
 

勇気を振り絞って ? させてもらうことにしました


これは コメントでは なく 私なりに書いた ?

謝罪文ですので 表示しないで下さいね

できれば 先回のコメントも 非表示にしていただけると

うれしいです


ええっ だめですか

この追加の 再コメントも 

本当に 謝罪しようとしている 誠意が 感じられませんですか


おいたをした お仕置きとして しばらくは 表示されたままに

なるんですか


とほほ 。。。。。





追記


そもそも ブログの主が 誰なのか 

勘ぐり 詮索 する なんていう行為は

ルール違反 以前の マナーの問題 ですね

私は 最低限度の マナーすら 守れていません

まだ まだ 修行が 足りません




しかし

今回は この文章(楽苦餓鬼)は 

ある人のブログの コメント欄には

再投稿せずに 思いとどまることができました

私も 少しは ** したのかな ??? 







PB210129.jpg

枯山水の庭に 突如 出没した 謎の花束 いったい こいつは 何者なんだ 。。。。。 
























































         
[ 2016/04/24 12:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)