今日は 雨の 寒い日

    
前回 更新してから かれこれ 1ヶ月の月日が 流れようとしています。

心配して下さった方々に お礼を申し上げます

ええっ だれも こんなブログに訪問してくる人なんて いないって

そうだよね

最近は 平泳ぎさん どころか クロールさん すら 訪れてこない

見放されたブログ だもんね


色々 書き残しては いたのだけれど

最後まで 書き終える 気力が わかなかったのである


パソコンの 最近の 検索は 

主に 介護施設 病院

福祉車両 介護タクシー などなど

介護に関する 検索が 主な使用目的だった ので ある


独り介護では 限界があるのである


そんなおり 母が体調を崩し 救急車で病院に搬送されて

入院と あいなったのである

明日 退院の予定で 入所する介護施設も 決まっていたのだが

また ここ数日 体調がすぐれず 退院は 難しいな と

思っていたとき

はからずも 病院の看護士さんから 電話があって

明日の 退院は 延期になりそうだ との こと


現状で退院しても 介護施設も 困るだろうな と

思っていたので 今回の 退院延期は ほっとした ので ある




追記

BGMは この歌

この国の 言葉は 私には わからないので 

この歌の 歌詞の意味は わかりませんが

雨を 唄った歌であることは 何となくわかります


この人に出会ったのは 随分 昔のことである

多くのことを 訴えかけてくる この歌 この人

この人の ことが 気になったので 

以前 一生懸命に 探し回った ことがあった のですが

なにぶん言葉の壁は 大きく よくわからなかった のですが


この人が活躍 ? したのは ちょうど 

あの人が 活躍 ? していた頃 である

そして この人は どうも その後 出家して 僧侶に

なった らしい ということは おぼろげながら わかった ?

のですが それ以上のことは 私の 能力では わからなかった


それが つい最近 

まったく 偶然 この人が インタビュー 受けている

動画を発見した

頭を丸めた 僧侶の姿であった

髪の毛は なくなったけれど 

この人は 間違いなく 

この BGMの歌を かつて 唄っていた人 だ

やはり 出家して お坊さんに なっていたのだ ね

この人の 唄う唄は 

この人の 心の内面の深さを感じる 憂いのある歌が 多いけれど

笑顔のすてきな人だった 僧侶になってからも 笑顔のすてきな人 だね


母の介護に 疲れ 入院先の 病院通いに 疲れていた ときの

この人との 思わぬ かたちでの 再会である


この人の歌は 初めて 出会った 時 以来

忘れることなく 聴き続けていた のだが

聴くたびに この人は どうしているんだろうか

と いつも 思っていた のだが


私は いつも 雨の日に 忘れえぬ 出会いがある

きっと この人も 私の 旧情を 見かねて

私の 前に 現れてくれた のだろう ね

おっ 字 間違っちゃった ね

わざとだよ 正しい字は 使いたくなかった からね


私は 本当に しあわせ者である

いつも どこかで 見守ってくれている 人が 何人か いる

そう 「あの人」 たち なのである

いつも 「あの人」 たち が 救いの手を さしのべてくれる のだ

これまで この 「あの人」 たちの 救いの手に 何度 救われたことか   




今日は 雨の 寒い日

でも 心の中は ぽっかぽっか


 

P5080196.jpg























































































                  
[ 2017/02/05 23:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)