あの人を偲んで  この番組と あんた

       
9月で 終わりを迎える

この番組に ついても 書かないと いけないね

それでも 苦しくて 苦しくて なかなか 書けなかったんだ


私は この番組を 一般の人とは ちょっと 違う観点 で 見ている

この テーマは ちょっと 長くなりそうだけど


あんたに 縁の深い人が 関わっている この番組

私は そういう観点で 感慨深く この番組 を 観ている

私は あんたを 思い浮かべながら この番組 を みている



まず この人だ あんたが 昔 狂演(きょうえん)した この人


♪ ながれゆく 川のさだめの櫛巻の 櫛の高さの愛染平野


面影平野 ではない ないよ  愛染平野 だよ


下宿屋の とみちゃん  ちょっと 薄気味悪い この人

でも この人は いい人だ おもしろい人だ

この人に 狂演(きょうえん) した 当時の 

あんた の ことを 聞いてみたいな


そして

あんたは 狂演(きょうえん) した 時 

この人を どう 思った のかも 聞いてみたいな 

それは 今では かなわぬ こと だけど

残念だ 無念だ 。。。。。 


もう あんたの 唄声から 感じ取る しか ないか

あんたが このドラマで 再び この人と 狂演(きょうえん) して くれたら

最高だったのに なぁ と いつも 思いながら この人を みているよ


そう思うと *** が 出てくるんだよね この番組は


いつも 一人で観ているから ばれ ないけれど

他人が みたら 

とみちゃんが 不気味で 恐ろしいから 怖くて ** て いるのか

ばっかじゃない こいつ がき かっ  と 思われそうだな



この時の音楽を 担当した人が このドラマの音楽も 担当している

あんたが 唄った  


♪ ながれゆく 川のさだめの櫛巻の 櫛の高さの愛染平野


あの 今は亡き 二枚貝の川の 灰皿や イスまでも 投げつける ? 

演出家 から ラブコールを受けた あんた が


唄った この唄の 作曲・編曲者は 

この お芝居の 音楽担当 だった

宮の川のタイ さん 宇宙戦艦富山さん の 息子さん の 

この人 宮の川の スギちゃん なんだ


この 舞台音楽が 緣で 

あんたの あの 迷曲 「熱い太陽」 の 編曲を して もらったんだ よね


醜空えばり さんの 


♪ 真っ赤に 焦げた 太陽だ~ぁっ から あ~あ~ぁっ ううっ うぇっ


あの唄 じゃないよ


あんたの オリジナルの この唄 だよ


♪ なかないで いつも あいしてるから
♪ なかないで いつも そばにいるから


この唄 いい唄だね 家族3人で 力を合わせて 創った唄

宮の川の スギちゃん 編曲の この唄 私は 素希だよ



この唄

知名度は 低く 評価している人も 限られているけど

おらは この唄 すきだっぺ



すぎちゃんと どんなこと 話しながら 創ったのか
もう 20年以上 前に なるんだね 。。。


すぎちゃん この前 私の 録音のスタイルは

それぞれの パートを 別々の日に 録音して ミキサーが あとで

合成する 今風の 録音は すきではない と この前 言っていたよ


各パートが 同じ日に 一堂に会して 録音するスタイルが

すきだと 言っていた よ


あの唄も そうやって みんなが 一堂に会して 

こころ 通わせて 録音した の かな


あの お芝居 時の 音楽も 最初から 決められていたのではなく

みんなで 意見を出し合って 創り上げて いったんだ と 言っていたよ


あんたも 意見 いったん だろうね
 


今日 も ぼけて 書きました

まともな方なら なんのことか すぐわかるか と 思います



  あの人
 
   わかるはず ないよ こんな 遠まわしな いいかた では
   それに
   あんたの ブログなんかに 訪れる 人など いないわよ
   訪れる人は よっぽど 変わり者 か ものずき か
   私のことが すごく すきな人 だけ だ わよ
   そんな人も いない と 思うけど

   あの 気むずかしい と 評判の あの 演出家の あの人
   私の 唄 気に入ってくれたようなので うれしかったわよ
   スギちゃんも おもしろくて いい人よ
   あの舞台は 一から みんなで 作り上げていくのよ
   私は そういう 民主的な スタイルが すきなのよね
   デビューした頃の マー君たちと わいわいやってた頃が
   懐かしいわ
   あの 舞台音楽 やって よかったわ 
   私のような もう 引退 ? して いた者に
   声をかけてくれたこと 本当に感謝してる わよ






まだ まだ この 朝のドラマに ついては

書きたいことが たくさん たくさん ある のだ

せっちゃん の こと
おかしな人 変な人 は みんな いい人なんだ ということ
安易に 意地悪な人 悪い人(悪人) を 登場させる セコイ手法が
最近では 多くなった中 この人が 描いた脚本には 
そういう 悪い人(悪人) が 登場しない ドラマ だ ということ
おばあ の こと エリー の こと きろろ の こと などなど

それに
あんたとも リンクすることも たくさん たくさん あるのだ けれど
それを 始めると エンドレスに なるので 止めます


のりちゃん 嫁ぐ日 唄ってよ


もう 3人の十字軍 結成 も


あんたに 参加して欲しかった サディスティック ** バンドで


♪ レッツゴー ~  とのぉ ~


を 聴くことも 今となっては 叶わぬ夢 だ


残念だな  悲しいな  寂しいな


最近 大切な あの人リストに 加わった あの人

あの人も 相当 変わり者のようで ジュラシックパークが すきなようなので

絶対 変わり者どうしで あんた と 気が合うと 思うな


あんたが サディスティック ** バンドの リードボーカル で


♪ レッツゴー ~  とのぉ ~

♪ アンモナイトは お昼ね
♪ ティラノザウルス お散歩 アハハン


を 唄ってくれたら きっと あの人も 拍手して くれると 思うよ




また 今日も 長くなってしまったな


この文章の BGM は どうしようかな


嫁ぐ日 か
初代 サディスティック ** バンド の 「タイムマシンにお願い」 か
あんたの あの 迷曲 「ながれゆく 川のさだめの櫛巻」 か
あんたの あの 迷曲 「熱い太陽」 か


ええっ 「熱い太陽」 そんな唄 ないって

あっそ。


それにしても

天井から ぶら下がった 腐ったナス って あんたの ことか

すごい イメージと リンクして できあがった 唄 なんだね


やっぱり あんたに ぴったり だから

今回は この 「愛染かつら」 に するか

「かつら」 でなくて 「平野」 か


こちらの 「平野」 は あの 「平野」 と 違って いいね


あんたの 唄った 愛染平野 カミキリムシの唄

見つけたときは うれしかったな



この唄 いいよ いいね いいね いいね いいよ  


誰も 評価してくれている人 いない よう だけど


あんたの名前で 森田さん しても まず 候補に ヒット する ことは
ないから ニンニク ない よね 
ああ しょうが だったか    






あんたが サディスティック ** バンドの リードボーカル で


♪ レッツゴー ~  とのぉ ~


♪ アンモナイトは お昼ね
♪ ティラノザウルス お散歩 アハハン


って 唄うの 聴いてみたいな


タイムマシンに お願い してみるか 。。。。。






俺は 何にでも 挑戦していく

あんたの チャレンジングな 生き方 = 精神 が 素樹 だよ


あんた 本名にあるように 純粋 なんだ


あの 「酒に酔うほど」 の 

あの 悲しく きらめく サウンドに

あんたの 純粋さ を 俺は みたんだ


明るく どこまでも 透明な 海


どこまでも透明な きらめく 海の中は 美しく 悲しい

かぎりなく明るく どこまでも透明な 海の中は 悲しく 美しい





  
IMG_0199.jpg
    





関連リンク


あの人を偲んで その20 8月最後の日に あの人は やってきた (2015.09.01) 

身に毒が丸 に 思いを馳せて  (2016.08.22)

泣かないで ママからの メッセージ  (2017.08.02)











追記


本当は この投稿は もう少し 先に する予定 だったが

うれしいことが あったので 早めて 今日 投稿します


12日火曜

朝 1:30 ごろ 目が覚めて 外を見たら 雨が降っていた

天気予報通り 今日は 昨夜からの 雨降りだった

ちょっと 早いけれど 今日は そのまま おきていた


明るくなってから 外を見たら やはり 雨降りだった

久しぶりに 雨降りらしい 雨の日だった

うれしくなった

私の場合は 雨の日には いつも いいことが おこる

すてきな 出会いが あるのも

注文していた CD が 届くのも 

なぜか 決まって 雨の日 なのである


ただ あんたの場合は 雨では なく 

文字通り 嵐 を 連れてくるので こまった もの で あるが


ちまたでは あんたの ことを

「地震 雷 ***」 よんで 恐れられている


まあ それは いいとして

そして やはり 今日は 期待通り いいことが あった


あの人の ブログが 更新されて

10月に 新しいドラマの 放送が ある という報告が あり


さらに そのドラマに ついての あの人の 解説が あった

その 解説が また いいんだ


そのドラマに ついての きちんとした 解説と ともに

自分が このドラマに どう向き合ったか どう とらえているのか 

など に ついての 自分の言葉で 的確な説明 が そこには 書かれていた


なかなか ここまで きちんとした 文章が 書ける 役者は

そうは いない と おもったら また うれしくなった


この人の この文章を 読んでいたら 

ある人が あんたのことを 述べた あの話を 思い出したよ


普段は 話が あちこちに 飛ぶし 

突然 これまでに 聞いたこともない人の名前が でてくる など

支離滅裂な ところがある わけの わからん人 だけれど

こと 音楽のことに なると じつに 理路整然とした 意見を 述べる

という あんたの 話を 思い出したよ



9月に あんたの 面影に会える ドラマが 終了して

10月には あんたと オーバーラップする この人が 

あんたから バトンタッチして 新しいドラマが 始まる


この人を 感じることができる と 同時に 
あんたのことも 感じることができそうな ドラマなので 楽しみ である



「すてる 嵐の女神 あれば ひろう 嵐の女神 あり」 である



「嵐の女神」 が 3人 に なっちゃったよ どうしよう
















補足

windows10 の Internet Explorer11 で 表示すると BGM が 聴こえません

BGMを お聴きになりたいときは

Google Chrome や Firefox などの プラウザ で 表示してください


なんと 8月18日から また 聴こえるように なりました
























































 
[ 2017/09/12 21:00 ] あの人を偲んで | TB(-) | CM(-)