FC2ブログ






あんたが 誘ってくれた うふふふ で ついに

   


よってらっしゃい よってらっしゃい おきゃくさあーん





P2230354.jpg




あんたが 誘ってくれた うふふふ で ついに



今日の **ー    を 見つけたよ



検索エンジンでは ひっかからない ところで こそ みつかる うふふふ



真実の 深読み  時美(とみー)


下宿人の 正体は  時美(とみー)


この人が語った 真実


その 真実の 深読み


私は 言葉は 嫌いだ けれど


言葉によって 語られた その 真実


その真実の 深読み


言葉の 背景にある 景色


私が あんたと ダイレクトリンク対話で 感じたこと


「と」


同じ景色が そこには あった


私が感じた ものに 近い あんたの 景色が あった

虚像でも 巨像でも ない 原風景の あんた の 景色



  ♪ あなたは もおお 忘れたのかしら


    の 世界


  ♪ 石けんが かたかた なった 世界 


    の 原風景









よってらっしゃい よってらっしゃい おきゃくさあーん






相変わらず のぞき を 続けている タワシ の 私

私は 夜霧の タワケ


それでも 節度を守って ほいほい と 入会 など しない タワシ




あんたの 火遊び 線香(せんこう)花火 も 見つけた人が いたんだ ね



久しぶりに あの店にも 訪れてみたけど

何年も 経った けど 依然として

あの 花火 1点 しか 扱って いなかった

それも ちょっと だけよ って 数分の 出し惜しみ の 

チョウサクの権 の 権現様


なんとも=N 本当に=H くそだわけ=K  だね あの店 は


過剰防衛は 国民の税金の 無駄遣い だぞ
経営者の 権力の乱用は 憲法違反です よ


高い受信料 払ってるんだから

もっと もっと 情報公開 しなさい
宝の 持ち腐れは 止めなさい


** された あの人 との 再会を 待ち望んでいる人は いるんだ
たとえ 数人だと しても いるんだ
再会 を 待ち望んでいる 人たちも もう みんな 高齢化している んだから

ひと目 あの人に 会いたいと 待ち望んでいる 人たちの 気持ちを
くんであげる 情けは この 疱瘡極(ほうそうきょく) には ないのか



あほ  おたんちん くそだわけ ひとでなし







おっと これ以上 ふざけたことを 書くと  

また あんたを 怒らせ ちゃいそうだから

忖度して 今日は ここまで だな





      ばーか !!
      私は 忖度なんて 嫌いよ
      私は 忖度なんて できない 不器用な 女
      私が こうむった 損多久(そんたく) の 嵐

      それでも 昔のこと は
      もう みんな 水に流して わすれちゃったわ
 








この文章の BGM は この唄


この 大昔の映画は 見たこと ないけど

噂に聞くと なんか あんたの 波乱な人生と ダブる ところが あるんだな


あんた この人の この唄 素気で しょう

あんた 男っぽい所 あるもんね

あんた 幼い頃は よく 男の子 と 間違えられた んだってね

* ぺい と 呼ぶ人も いた んだってね


唄ってよ この唄 あんたの 唄で 聴いてみたいな


悲しい唄 だけど  気持ちよく 唄えそう じゃあないか





  ♪ 花も 嵐も 娘も 亭主も 母も 借金も 
    すべての 過去を 踏み倒し

    行くが 私の 生きる道





あんた ひどいこというね~





    べつに~
    私 なーにも 考えないんだ








話 変わるけど

あの カブトムシメドレー 唄ったとき あの髪


あれって かつら だったのか 教えてよ




あんたと 同じ漢字が 入っていた  ビーサン

この前 テレビに 出ていたよ


いい おじいさんに なっていたよ

にこにこして うれしそうに 孫のことを 語っていたよ


唄も聴かせてくれた よ

熱い唄は 健在だった よ


あんたが 意気投合して いっしょに 唄った 気持ちが わかる気が したな


あんたと おなじで 芸人 出身だったんだ

若い頃から 目の病気が あったんだ と いうことも 語っていたよ

そんな 所も あんた と 気があった 原因なんだろうね






あんたと ビーサンが 楽しそうに 孫自慢 している ところを

思わず 思い浮かべ たら *** が 出ちゃったよ 









P3070312.jpg





  


いつも よく行く 公園で この花を 見つけたよ

あんたの ような 可憐な花 ???

この花 素気 なんだ

雪の下で 堪え忍んで 春になると 花を咲かせる この花


目立たない 小さな この花  名前も いいんだ


そういえば あんた この花の 唄 唄っていたでしょう

この花を 見つけると 

いつも あんたを 思い出す んだ


あの唄に ついては  また いつかね



 







































































































       
  
  
[ 2018/03/11 21:00 ] あの人を偲んで | TB(-) | CM(-)